ゲーム フライトシミュレーター

Microsoft Flight Simulator 2020 計器飛行と管制(IFR/ATC)に関するまとめ【MSFS2020】

マイクロソフトから2020年に発売予定の新フライトシミュレーター、通称「Flight Simulator 2020」。

今回は5月28日に公開されたビデオ、フィーチャーディスカバリーシリーズエピソード8「IFR」を基に、MSFS2020での計器飛行と管制について日本語でおさらいしていきます。

今回のフィーチャーディスカバリーシリーズエピソード8「IFR」では

  • ナビゲーションデータ
  • フライトプラン
  • 計器&ATC

の3つに分けて紹介されています。

NAVIGATION DATA(ナビゲーションデータ)

NAVBLUEとともに開発されたナビゲーションデータベース

エアバスのフライトオペレーションソフトウェアの開発会社であるNAVBLUE社とパートナーシップを結んでナビゲーションデータベースを構成しているようです。

▲ワールドマップモード。

具体的に以下のデータが現実世界と同様に28日ごとに更新されるとのこと。

  • ウェイポイント
  • VOR
  • NDB
  • 周波数
  • ローカライザー
  • 空域
  • アプローチ
  • SID/STAR

FLIGHT PLANNING(フライトプラン)

MSFS2020では前作のFSX同様地球上のあらゆる場所から飛び立つことができるようです。

  • 空中
  • アクティブな滑走路上
  • ゲート、駐機場

▲滑走路、ゲートなどPOP位置を選択できる。

フライトプランの作成

出発地と目的地を選択すると、フライトプランニング機能にアクセスできるようになります。

▲ウェイポイントを選択して追加/削除できる。

フライトプランはユーザーの好みに合わせ以下から選択できる模様です。このあたりも前作に似ていますね。

  • GPSによる目的地までの直行ルート
  • VOR-VOR
  • IFR低高度/IFR高高度

また、画像のようにウェイポイントの追加/削除することでルートを手動で編集することも可能になっています。

ルートでの巡航高度も提示されています。(手動による編集も可能)

その他にも距離や速度、所要推定時間も確認できます。

SID/STAR等を用いた実在ルートでの発着

前作には無かった機能として、SID(標準計器出発方式)やSTAR(標準計器到着方式)のほか、ILS、VOR、RNAVによるアプローチも使用することができます。

SIDやSTARはATCによるサポートも受けることができます。

フライトプランは作成したものを読み込むほか、コクピットで作成したり編集することもできます。

▲ILSアプローチ中の様子。機外の視界が悪くても着陸進入できる。

CDUやMCDUを備えた旅客機は、実機同様にここで様々なデータを入力したり確認することができます。

フライトシステムとATC

ATC

今作でもATCが利用可能な模様です。

▲周波数を変更してグラウンドやATIS、IFRクリアランス、グラウンドサービスを選択できる。

▲ATCのUIはFSXに近いもの。

AI(副操縦士)にお任せすることもできる

MSFS2020では飛行機の操縦をAIに委任できる機能が追加されます。

映像によると

  • チェックリストアシスト
  • ATC
  • 操縦

を任せることができるようです。

離着陸など忙しい時にはかなり助けられそうなシステムですね。

▲気象レーダーもアドオンなしで利用可能。

▲ATCによるアプローチの指示。ILSやSTARだけでなくスピードも指示される。

前作でのアプローチではILSやSTARは利用できませんでした。

今作ではこれらはもちろんスピードも指示されていることがわかります。より現実と同様のアプローチができるようになりそうです。

なお、着陸許可なしで滑走路に着陸した場合、AI機は離着陸を中断してユーザーが離れるのを待つ挙動となるとのことです。

MSFS2020ではゲートからゲートまで実際の旅客機のオペレーションをそのまま体験することができそうです。

Copyright © 2020 Yu Works All rights reserved.
Copyright (C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.